1998年8月より、有本(理事)が中心となり、孟子不動谷内の動植物の生息調査を実施しています。その調査日に確認できた動植物に加え、未来遺産運動時に確認した動植物をすべてリストとしてまとめています。

(1)ほ乳類

里山環境には、雑木林、水田、畑地、溜池などバラエティーに富んだ環境がモザイク状に点在しているので、森林性、草地性のほ乳類が生息しています。在来種ではムササビ、テン、イタチ、ニホンリス、ヒメネズミ、アカネズミ、ハタネズミ、カヤネズミ、ジネズミ、ヒミズなど、広範な種類のほ乳類が記録されています。コウモリ類も、アブラコウモリ、コキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、ヒナコウモリなど、比較的多くの種類の飛来をバットディテクター調査により確認しています。

ほ乳類で問題になっているのは、人為的移入動物の種数&個体数の増加傾向です。1955年頃に大池遊園から放逐されたタイワンザルが在来のニホンザルと交雑して形成された混血ザル個体群は、和歌山県及び京都大霊長類研による駆除対策により壊滅させましたが、2000年に移入したイノシシ(イノブタ起源)、2018年から行っている向陽中学理科部のロボットカメラ調査により参入が詳らかになったアライグマ、ハクビシン等の個体数増加が著しく、今後孟子不動谷で細々と継続されている農業および、生態系に大きな悪影響が出る可能性があるので、注意深くモニタリングしています。

(2)鳥類

孟子不動谷の大きな特徴は、最大高度でも240mほどの丘陵地に形成された森林であるにもかかわらず、きわめて多くの森林性鳥類の繁殖が確認されていることです。1998年発足以来2020年までに繁殖およびそれを示唆する行動が確認されている主な森林性鳥類には、フクロウ、サシバ、ハチクマ、ヒヨドリ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、サンショウクイ、オオルリ、キビタキ、サンコウチョウ、コサメビタキ、クロツグミなどがあります。中でも和歌山県RDB絶滅危惧Ⅱ類・サンコウチョウの個体数が多いのが大きな特徴と言えるでしょう。

それに近年、雑木林の間伐管理の滞りにより森林が発達したことにより、時折クマタカ成鳥の飛翔が確認されたり、繁殖期(5月)にキバシリの生息を標高100m前後の地点で確認されたりと、深い森に住む種類の確認例も出てきています。鳥類の種類数が増えるのは良いことなのですが、森が深くなり常緑樹の占める割合が増えることにより、かつての落葉樹優占の疎林的な環境を好むサシバ、シジュウウカラ等の個体数が減少したりしているので、注意深いモニタリング調査を継続しています。

3)両生爬虫類

孟子不動谷は棚田地形の水田地帯であるため、成体の時期に森林環境に依存するセトウチサンショウウオ、ニホンアカガエル、シュレーゲルアオガエル、ニホンヒキガエルなどの近年県下全域で減少している種類が比較的安定して生息しているのが特徴です。ニホンアカガエルはビオトープ孟子が掘削管理している水辺ビオトープ(とんぼ池)に多く産卵しており、セトウチサンショウウオは山間に点々と存在する小規模な溜池で産卵しています。近年耕作放棄地の増加と国内移入動物・イノシシの食害により個体数は減少傾向にあるものの、和歌山県で記録のある全種のヘビが記録されています。両生爬虫類は、昆虫その他の小動物を捕食し、ハチクマ、サシバ、アオサギ等の鳥類に捕食される、中間捕食者という生態系の非常に重要な位置にあり、個体数減少は大きな影響があるので、注意深くモニタリングを継続しています。

4)昆虫類

昆虫類の構成種も非常に豊かです。ビオトープ孟子の里山保全活動の中心が、稲作水系の復元なので、無農薬稲作を実践している圃場や水辺ビオトープ(とんぼ池)、谷を東西に横切って流れる荒糸川で、68種のトンボ類が確認されています。その中には、オグマサナエ(さなえとんぼ科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)、フタスジサナエ(さなえとんぼ科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)、ベニイトトンボ(いととんぼ科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)、アオヤンマ(やんま科:和歌山県RDB絶滅危惧Ⅰ類)、ナニワトンボ(とんぼ科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)などの希少種も多く確認されています。

トンボ類のポテンシャルは高いものの、水生コウチュウ類や水生カメムシ類の生息種は貧弱で、この傾向は和歌山北部の水環境の傾向に合致しています。

チョウの種類数も多く、68種の確認がなされています。ミドリシジミ(しじみちょう科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)、ミズイロオナガシジミ(しじみちょう科)などの森林性のシジミチョウ類も安定して発生しています。昆虫類も、基本的には里山にある薪炭林起源の落葉広葉樹林に住む種類が主流ですが、近年雑木林の定期的間伐が滞ることにより森が深く、常緑樹林化することにより、シダスケバモドキ(うんか科:和歌山県RDB準絶滅危惧種)、エゾヨツメ(やままゆが科)などの深い常緑樹林や標高の高い地点の豊かな森に住む昆虫の確認がなされるようになってきました。

また、近年よく言われる温暖化に伴い、アカギカメムシ(きんかめむし科)、ベニトンボ(とんぼ科)などの熱性の種も確認されたり定着しそうになったりしてきています。

(5)淡水魚類

稲作水系は、天堤池、犬飼池、不動池の主要な農業灌漑用の溜池と、その他点在する小池が数個、それに耕作水田(ビオトープ孟子無農薬水田含む)と、水辺ビオトープ(とんぼ池)です。

溜池には、かなり以前に放逐したと考えられる外来のコイとギンブナ、モツゴが生息しています。今のところオオクチバスやブルーギルの参入は確認されていません。水田及び水辺ビオトープ(とんぼ池)には、ミナミメダカ、ドジョウが定住しており、荒糸川からの流入と考えられるシマヒレヨシノボリ、ドンコが生息しています。いっぽう、自然水系は貴志川支流に位置付けられる荒糸川です。荒糸川には、シマヒレヨシノボリ、ドンコが生息しており、スジシマドジョウが捕獲されたことがあります。

日別観測記録


令和3年4月24日(土)
わんぱくクラブBコース開催日

(鳥類)
アオサギ、キジバト、アオバト、サシバ、コゲラ、アオゲラ、セグロセキレイ、ビンズイ、モズ、ヒヨドリ、ヒレンジャク、サンショウクイ、コサメビタキ、キビタキ、ウグイス、センダイムシクイ、コサメビタキ、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、クロジ、シロハラ、ツグミ、マヒワ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

(チョウ)
ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツバメシジミ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、アゲハチョウ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ、ツマグロヒョウモン、テングチョウ、コミスジ、アカタテハ(若齢幼虫)

(トンボ)
ホソミオツネントンボ、アサヒナカワトンボ、タベサナエ、クロスジギンヤンマ、シオカラトンボ、シオヤトンボ

(両生爬虫類)
シュレーゲルアオガエル、ヌマガエル、ニホンアカガエル幼生、ニホンヒキガエル幼生、ニホントカゲ、ニホンカナヘビ、シマヘビ

令和3年5月8日
さとやまようちえん実施日

(鳥類)
カイツブリ、アオサギ、ハチクマ、キジバト、コゲラ、アオゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、コルリ、イソヒヨドリ、オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、サンコウチョウ、ウグイス、センダイムシクイ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

(両生爬虫類)
ニホントカゲ、ニホンカナヘビ、ニホンアマガエル、シュレーゲルアオガエル、ニホンアカガエル

(トンボ類)
ホソミオツネントンボ、アサヒナカワトンボ、タベサナエ、オグマサナエ、ハラビロトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ

(チョウ類)
モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、キタキチョウ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、イチモンジセセリ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ
ヤマトシジミ、ベニシジミ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ

令和3年5月19日(水)
NHK「わびたび」の取材対応のために孟子不動谷で午前中に行きました。
水辺ビオトープ(とんぼ池)では、ニホンアカガエル(あかがえる科:和歌山県RDB絶滅危惧Ⅰ類)の上陸が始まっていました。

(鳥類)
アオサギ、ダイサギ、キジバト、コゲラ、アオゲラ、ホトトギス、ツバメ、サンショウクイ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、キビタキ、サンコウチョウ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、カワラヒワ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

(両生爬虫類)
シュレーゲルアオガエル(鳴き声)
ニホンアカガエル(上陸開始)
ヌマガエル(鳴き声)

令和3年6月12日(土) 10:00~12:00 
県立向陽中学校理科部哺乳類調査

(ロボットカメラに写った哺乳動物)
ニホンカモシカ、イノシシ、キュウシュウノウサギ、テン、アナグマ、タヌキ、アライグマ、アカネズミ  
以上8種

令和3年6月3日の日付で、炭窯南側の谷に設置したロボットカメラにニホンカモシカ(うし科:国指定特別天然記念物)♂1頭が写りました。
標高100m以下の地点で本種が確認されるのは非常に非常に珍しいことです。

孟子不動谷 動植物リストはこちら