地域の宝、100年先へ

褒賞歴
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
りの学術賞及び緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰
 首相官邸(東京都千代田区永田町2-3-1)



<功績の概要>
同会は、荒れた里山の自然環境再生を通じて、地域住民の緑化思想の醸成
を図るとともに、地元小中学校と連携した環境教育の推進に貢献している。
具体的には廃耕田をビオトープとして再生し、その保全と里山一帯に生息する
動植物のモニタリング調査を実施。その結果、現在希少種を含め800種を超える
昆虫類や120種を超える鳥類が確認される生態系を取り戻すまでになり、平成19
年には同会が主催する自然観察会において全国でも非常に貴重とされるカトウツ
ケオグモも確認された。その他、炭焼きや植樹等の里山保全活動、無農薬稲作
の実践による稲作水系の保全などの活動を行っている。一方、平成16年「みどり
の日」自然功労者環境大臣表彰受賞後も、身近な自然環境の保全をテーマとし
たフォーラムの開催や、和歌山県環境学習アドバイザー派遣事業への講師派遣
など、より一層地域や行政と連携した活動を展開。平成21年12月には、県内中
学校とともに行っている水田生態系調査と森林性鳥類調査が、孟子不動谷生物
多様性活性化プロジェクトとして(社)日本ユネスコ協会連盟の第1回プロジェクト未
来遺産に登録された。
また、このような精力的なボランティア活動などが評価され、平成22年5月和
歌山県知事表彰を受賞している。





●2011年5月
 生物多様性をめぐる科学と社会の対話 in 東北出席





●2011年 4月 
 国際ソロプチミストアメリカ日本中央リジョン25周年記念受賞




●2010年 6月
 和歌山県知事表彰




●2010年 3月
 (社)日本ユネスコ未来遺産認定  全国10ヵ所(県内1ヵ所)




●2009年11月
 国際ソロプチミスト里山保全感謝状受賞

●2009年 2月
 花王ハートポケット倶楽部 パワーアップ事業表彰

●2006年 8月
 キワニスクラブ キワニス賞受賞

●2006年 1月
 農水省 農村環境センター田圃再生復活活動表彰(全国8団体)

●2004年 7月
 全国里地・里山30選表彰(読売新聞・環境省)

●2004年 5月
 環境大臣表彰

●2003年5月
 兵庫県知事瀬戸内海環境保全厚労省受賞

●2003年 4月
 和歌山県環境大賞民間部門知事表彰