地域の宝、100年先へ

ヨツボシトンボ(とんぼ科)

ヨツボシトンボ(とんぼ科)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

ヨツボシトンボ
かつては里山のため池に、オオシオカラトンボと一緒に多数みられた
トンボですが、強い農薬の普及とともに一気に里山のため池から姿を
消したと、和歌山県の昆虫研究の第1人者の故 後藤伸先生が自著の
「虫たちの熊野」で紹介しています。
孟子では1999年から確認されていたものの、定着がなかなか確認でき
ないでいたのですが、2014年にブタ小屋の上に掘った2枚のとんぼ池
で産卵し定着をはじめ、2016年現在も安定した個体数で生息していま
す。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>