地域の宝、100年先へ

平成29年度和歌山大学トンボ相調査

平成29年度和歌山大学トンボ相調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

地球環境基金助成は昨年度をもって終了しましたが、和歌山
大学システム工学部の学生の皆さんによるトンボ調査は今年
度も継続します。
(1)平成29年 5月29日(月)10:00~12:00
  (確認できたトンボ類)
    キイトトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ、ホソミオツネントンボ、アサヒナ
    カワトンボ、ヤマサナエ、タベサナエ、サラサヤンマ、クロスジギンヤンマ、シオ
    カラトンボ、オオシオカラトンボ、シオヤトンボ、ショウジョウトンボ、ヨツボ
    シトンボ、ハラビロトンボ(15種確認)
  5月も終盤になり、夏のトンボの羽化が開始されていま
  した。ヤマサナエ、サラサヤンマ、キイトトンボ、オオシオカラトンボ、ショウジョウ
  トンボ等がとんぼ池周辺で多く見られました。
(2)平成29年 6月27日(火) 10:00~12:00
  (確認できたトンボ類)
    ベニイトトンボ、キイトトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ、ハグロトンボ
    アサヒナカワトンボ、ヤマサナエ、オジロサナエ、オニヤンマ、ヤブヤンマ、シオカラ
    トンボ、オオシオカラトンボ、シオヤトンボ、ショウジョウトンボ、ヒメアカネ
    コシアキトンボ、ハラビロトンボ(17種確認)
  梅雨空の中でしたが、チョウトンボ、オニヤンマ、ヒメ
  アカネ等、夏から秋に成熟する種類の羽化も観察できま
  した。 
(3)平成29年 7月19日(水) 10:00~12:00
  (確認できたトンボ類)
    ベニイトトンボ、キイトトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ、
    ハグロトンボ、オニヤンマ、ギンヤンマ、カトリヤンマ、オオシオカラトンボ
    シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、ヒメアカネ
    ナニワトンボ、マユタテアカネ、チョウトンボ、ウスバキトンボ
    (17種確認)
  7月、8月は犬飼池と水路道の調査です。犬飼池では
  今年もナニワトンボ(とんぼ科)の発生が確認でき
  ました。その他、カトリヤンマの発生も確認できま
  した。
(4)平成29年 8月28日(月) 10:00~12:00
  (確認できたトンボ類)
    キイトトンボ、ベニイトトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ
    ハグロトンボ、タイワンウチワヤンマ、オニヤンマ、ギンヤンマ
    カトリヤンマ、オオヤマトンボ、ナニワトンボ、リスアカネ
    マユタテアカネ、ヒメアカネ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ
    ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、コシアキトンボ(19種確認)
 今回、初めて参加する2年生の女の子3名が参加してく
 れました。4年間頑張ってくれた野村君が来年は就職活
 動で忙しくなり抜けてしまうので、2年生の子たちが定
 着してくれたらうれしいところです。
(5)平成29年 9月29日(金) 10:00~12:00
  (確認できたトンボ類)
    ベニイトトンボ、クロイトトンボ、オオアオイトトンボ、オニヤンマ
    リスアカネ、マユタテアカネ、ネキトンボ、シオカラトンボ、ショウ
    ジョウトンボ、オオシオカラトンボ、ウスバキトンボ(11種確認)
 最近秋の気温が高いためか、この時期に集結するアカト
 ンボ類の種類数が少ない傾向にあるのですが、この日も
 その傾向通り確認できたアカトンボ類は3種のみでした。
 その他では、ベニイトトンボの成虫♂が確認できました。
 本種は年々終見日が遅れてきており、これも秋の気温が
 高いことに起因しているのではと考えています。
(6)平成29年11月13日(月)
 (確認できたトンボ類)
    オオアオイトトンボ、マユタテアカネ、ヒメアカネ、アキアカネ
全日にこの冬一番の寒波が入り、早朝はかなり気温が下
がりましたが、晴天になったため日中は気温が上昇しな
んとかデータのとりたかったアキアカネの採集ができた
のでよかったです。
成虫の調査は今回で終了し、冬季に2度日程をとって幼
虫の調査を行う予定です。 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>