地域の宝、100年先へ

平成29年度 はしもと里山学校「いきものがかり」チョウ調査

平成29年度 はしもと里山学校「いきものがかり」チョウ調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

平成29年度、和歌山県「里地・里山環境保全活動
団体認証制度」に係る「承認団体」に選定された
「はしもと里山学校」の生物多様性調査のサポー
トを行う事になりました。「はしもと里山学校」
には、芋谷地区の動物観察をしている中学生グル
ープ「いきものがかり」が組織されているので、
その子たちと一緒にチョウの調査を行う事にしま
した。年度末には「生物多様性フォーラム」で彼
らの調査研究発表を行いますのでお楽しみに!!
(第1回)平成29年4月16日(日) 7名参加
  芋谷の水田環境でチョウの採集調査を行い
  ました。モンシロチョウ、スジグロシロチ
  ョウ、ツマキチョウ、モンキチョウ、キタ
  キチョウとしろちょう科を全種採集しまし
  た。
(第2回)平成29年5月14日(日)6名参加
  オナガアゲハ(あげはちょう科)が多数
  飛び回っているのは興味深かったです。
  コアカソ(いらくさ科)が芋谷川沿いに
  多数自生しており、サカハチチョウ春型
  を採集することができました。
(第3回)平成29年6月17日(土)2名参加
  芋谷にはナラガシワ(ぶな科)の樹が多
  いので、ウラジロミドリシジミ(しじみ
  ちょう科)がいるかも?ということで、
  長竿でナラガシワの樹をたたきまくりま
  したが、残念ながらアカシジミ(しじみ
  ちょう科)が1頭飛び出してきたのみで
  した。7月に再度リベンジしたいと思い
  ます。
(第4回)平成29年7月16日(日)7名参加
  今回もナラガシワ(ぶな科)を長竿でた
  たきましたが、残念ながらウラジロミド
  リシジミは確認できませんでした。
  この日は全体的にチョウが少なく、もう
  1種確認したかったオオムラサキの確認
  することができませんでした。
  4月~6月で採集したチョウは29種。ほぼ
  順調な調査結果です。。
(第5回)平成29年8月6日(日)11名参加
  この日はさとやま学校の「生き物観察会」
  になっており、県立自然博物館の松野茂
  富学芸員のビオトープ調査観察会も行われ
  ました。ビオトープ観察会では、アカハラ
  イモリの幼生やイトアメンボの一種など、
  興味深い水生生物の確認ができました。
  チョウ調査は、新鮮なコジャノメ♀個体
  2頭が採集されたほかは大きな収穫はな
  かったのですが、先月の調査日からこの
  日までの間の活動日でオオムラサキの♀
  とアサマイチモンジ♀を初採集してくれ
  ていました。オオムラサキは冬季に2度
  越冬幼虫を確認していたので、成虫の姿
  をぜひ確認したいと思っていたのでとて
  も嬉しいニュースでした。
(第6回)平成29年9月18日(祝)9名参加
  ゴイシシジミ(しじみちょう科)を初記
  録しました。幼虫はタケにつくアリマキ
  の仲間を食べる肉食昆虫で、成虫もアリ
  マキの背中から分泌される甘い汁を吸う
  風変わりな生態の小さなチョウです。
  和歌山県では、全県下で確認玲があるも
  のの少なく、安定した発生地は皆無です。
  芋谷では、芋谷川に沿って自生するネザ
  サで発生しており、個体数も比較的安定
  しています。本種は県RDBに記載され
  ていないものの、上記のように不安定な
  発生状況なので、芋谷の個体群は非常に
  重要なものということができます。 
(第7回)平成29年11月12日(日)5名参加
  寒波襲来で気温がかなり低かったのです
  が、天候は良かったので残り柿にタテハ
  チョウ科のチョウ(キタテハ、ルリタテ
  ハ)が来ていたので、当地初採集のキタ
  テハを採集することができました。
  本日をもって今年の調査日程は終了です。
  年明けにオオムラサキ・ゴマダラチョウ
  の越冬幼虫の調査を行います。
  4月から開始した成虫調査により、採集
  種・目視種あわせて43種を確認すること
  ができました。その中にはオオムラサキ
  、ゴイシシジミ、ムラサキツバメ等、興
  味深い種の採集もでき、実り多き調査に
  なったと思います。 
             

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>